2015年04月01日

防犯にも使える長時間録画対応の小型ビデオカメラ

長時間録画が可能な小型カメラ

防犯カメラやイタズラの証拠撮りなどに小型カメラを使う場合には、
長時間録画に対応している製品を選ぶと便利です。
なぜかと言うと、いつ現れるかわからないターゲットに対して証拠撮影を行うのが防犯カメラです。

いざ撮影したい場面が訪れたのに、バッテリーがきれていて録画されていなかった・・
なんてことになったら、せっかく撮影チャンスも台無しですね。


しかし、安心してください。
現在、販売されている防犯カメラは、ACアダプタで電源を引き込めるタイプがほとんどです。

気を付けていただきたいのは、小型ビデオカメラを防犯対策として使う場合です。
小型カメラはカモフラージュ性を優先しているので、バッテリー電源により稼働しているタイプがほとんどです。

バッテリーの容量や画質にもより撮影時間が左右されますが、長くても録画時間は数時間d程度です。
これは、バッテリー稼働の場合は仕方ありません。


そこで、小型カメラを防犯対策に使う場合に気を付けてもらいたい機能は、『外部電源機能
ズバリ、ACアダプターに接続してカメラを稼働させる機能です。


たとえば、24時間にわたる長時間録画をしたい!
なんて方に、おすすめの機能です。


さらに気をつけたいのは、メモリーの容量です。
いくら長時間稼働できても、メモリ容量が不足していれば、せっかく撮影したのに記録されていない・・
なんてことになりかねません。

あと、ムダな録画を省く動体検知機能(モーションサーチ機能)がついていれば安心です。
※動体検知機能 ターゲットの動きを検知して自動で録画を開始する機能。
一定時間動きがなくなると、録画を停止する優れモノの機能です。

なお、小型カメラを設置する際はACアダプターが不自然にならないように注意してください。
posted by nori at 23:20| Comment(0) | 小型カメラ 長時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。